よくある質問

Q.歯科助手と歯科衛生士の違いが分かりません。

  A.歯科助手は、診療のための準備や片付けなどが主な仕事になります。
  ですから、法的に患者さんの口の中に手を入れることは一切できません。
  歯科衛生士は、本校のような養成校で専門教育を受けた後、国家試験を
  受け資格を取得した人たちです。専門知識や技術を活かして、歯科医師
  の医療行為をサポートします。つまり歯科衛生士は、歯科医院の「看護
  師」といえます。患者さんの歯垢や歯石の除去、歯周病やむし歯を予防
  するための薬の塗布は、歯科医師と歯科衛生士しかできません。

Q.歯のことや医療のことは今まで勉強したことがありません。大丈夫でしょうか?

  A.入学生のほとんどは、歯科について未経験者です。
  本校では全くの初心者を対象としたカリキュラムを組んでいますので、
  基礎からしっかり勉強することができます。3年後には立派な歯科衛
  生士となれるよう懇切丁寧な指導を行いますので心配はいりません。

Q.実習はどのように行われるのですか?

  A.カリキュラムに「臨床実習Ⅰ~Ⅲ」が組まれています。
  この実習は厚生労働省から実習施設としての指定を受けた歯科医院で行い
  ます。指導員の歯科医師と歯科衛生士が、みなさんのレベルに合った指導
  をしますので、安心して実習を受けてください。

Q.3年後の国家試験が合格できるのか心配です。

  A.本校で勉強するための最大の目標は歯科衛生士の国家試験に合格するこ
  とです。本校では国家試験合格率100%を何度も達成した、実績のある
  先生たちを中心に、受験指導を懇切丁寧に行います。みなさんは、「必ず
  資格を取得する」という強い意志を持って取り組めばきっと合格できます。

Q.歯科衛生士以外の資格にもチャレンジしたいのですが?

  A.本校では歯科衛生士の資格以外にも、医療事務技能審査試験(メディカ
  ルクラーク)の資格を取得するためのカリキュラムが組まれています。
  更に希望者は介護福祉士実務者研修修了者の通信制課程を受講料無料で受
  けることができます。歯科衛生士国家資格に加えてトリプルライセンスを
  目指して頑張ってください。

Q.歯科衛生士の就職状況や給与はどうですか?

  A.歯科衛生士養成校の求人状況は良好で、ほとんどの卒業生が地元の歯
  科医院へ就職しています。都市部からの求人も多く、全国的に歯科衛生士
  は不足している状況です。また、給与の面では、一般事務職などの初任給
  と比べれば高めで、平均的には、諸手当を含めた初任給は15万円~18
  万円程度です。歯科衛生士不足であるため、給与は上昇傾向にあります。
  待遇面では、週休二日制とする歯科医院も最近増えてきました。また、歯
  科衛生士は看護師と異なり夜勤がないので、終業時間以降や休日には、自
  己研鑽のための研修など自分の時間が多く取れます。

Q.就職活動はどのようにすればいいのですか?

  A.本校の就職指導担当者が、みなさんの進路希望や適性などを把握して、
  面接や論文など徹底した指導を行います。また、送られてくる求人票以外に
  も、みなさんの希望があれば、就職指導担当者が中心となって、就職先の開
  拓等を行います。臨床実習でお世話になる歯科医院での取り組みや態度が評
  価されて、就職に繋がるケースもありますので、常に就職意識を持って行動
  しましょう。

Q.どのような服装で登校すればよいのですか?

  A.歯科衛生士を目指す学生として、清楚な身なりを心がけることは大切です。
  本校登校時は制服を着用し、実習では指定の白衣を着用することになります。

Q.自動車やバイクでの通学はできますか?

  A.駐車場や駐輪場を完備していますので、自動車やバイク、自転車で通学し
  ても大丈夫です。ただし、自動車とバイクの通学は任意保険に加入して学校の
  許可を受けてください。

Q.授業時間や休日はどのようになっていますか?

  A.平日は朝9時授業開始です。90分授業を午前中に2コマ、午後2コマで、
  午後4時10分に授業が終了します。  基本的に土日祝日は休みです。また、
  長期の休みとしては、夏休みや冬休みがあります。