カレッジ紹介

 

「公私協力方式」で都城市と都城歯科医師会が全面バックアップ

「都城デンタルコアカレッジ」は、都城市と都城歯科医師会の全面的な支援並びに協力の下、2008年4月に開校しました。これまで蓄積してきた教育ノウハウをフルに活用し、歯科衛生に関する専門的な知識と技術に加え、介護技術及び医療事務やコンピュータの知識を兼ね備えた歯科衛生士を養成します。

歯科医療のスペシャリストを目指す皆さんを応援します!

都城市 市長 池田 宣永

都城デンタルコアカレッジは、地域の歯科医師会・社会福祉関連団体からの強い想いのもと、本市との「公私協力方式」により開設され、設立以来、170名を超える優秀な人材を当圏域に輩出されております。

歯科衛生士として必要な技術や専門知識はもちろんのこと、地元の歯科医師会との連携・協力による学習サポート体制を確保することで、実践に即した学習環境が整っているとともに、地域密着型の教育を行っており、卒業生のほとんどが、この都城圏域で就職しております。口腔ケアは、多くの疾患との関連性が指摘されるなど、医療・介護の分野においてその重要性が改めて認識されており、本市の目指す、医療体制の充実と介護予防の推進による健康寿命の延伸を達成する上でも、皆さんが、この地域で学ぶことを選択されることは、大変意義深いものであります。

都城市は、ここ都城で、歯科医療のスペシャリストを目指す皆さんを応援するとともに、都城圏域の歯科医療を支える歯科衛生士として、大いに活躍されることを期待しています。

 

永井会長
『市民の健康のために歯科衛生士の活躍を期待しています。』

都城歯科医師会 会長 永井 省二

超高齢化を迎えた日本において、歯科衛生士からの食事指導や生活習慣指導も不可欠になってきています。さらに今流行している新型コロナウイルス感染予防においても、口腔清掃の重要性が注目されています。歯科衛生士は、行政を含めた関連各機関とのかかわりの中ますます多方面にわたった活躍が期待され、社会からより必要とされる職業となってきています。

「都城デンタルコアカレッジ」はこんな地域の人たちの生きる力を支え、地域で活躍できる国家資格を持った歯科衛生士を育てる専門学校です。優秀な教育スタッフと充実した設備、地域の歯科医師会が全面的に支援・協力している素晴らしい環境の中で、専門的な知識を学び、歯科衛生士という職業を通して私たち歯科医師会とともに市民の健康のために活躍してほしいと願っています。優秀な皆さんの活躍を期待しています。

毎年就職率100%を達成中!

都城圏域に限らず、全国的に歯科衛生士不足の状態が続いています。そのため、本校の求人倍率は、毎年10倍を超えています。
卒業生の多くは、当地域の歯科医院を中心に就職しています。また、大学病院や総合病院へ就職した先輩もいます。

目指せトリプルライセンス!

1 国家資格「歯科衛生士」

最大の目標である国家資格「歯科衛生士」は3年間の集大成として、国家試験を受験します。
日常の授業に加え、校内模擬試験や全国模擬試験などで、進捗状況を把握しながら、少人数のグループ編成で、徹底した国家試験対策を行います。

2 医療事務技能審査試験(歯科)

この資格だけでも人気の高い医療事務ですが、歯科衛生士として更に医療事務の知識を持っていることは、就職でも有利に働きます。開校以来卒業生全員が合格し取得しています。

3 介護福祉士実務者研修(任意受講)

高齢者社会に伴い、歯科衛生士の活躍の場は福祉分野にも拡大してきました。これからに時代に、歯科衛生士の国家資格に加え、福祉分野の知識・技術を身に付けることは大きな力となります。