第10回 宣誓式 ~学生一人ひとり 歯科衛生士への決意宣言~

20181006-0120181006-03 10月6日(土)、「第10回 宣誓式」を都城市ウエルネス交流プラザにて行いました。
 「医療に携わる女性」のシンボルであったナースキャップは、現在、ほとんどの歯科医療施設で姿を消しており、それに伴い、「戴帽式」を行わない学校が増えてきました。本校では、今年度から「戴帽式」の呼び名を「宣誓式」に改めました。
 壇上にて、白衣姿の2年生一人ひとりが自分の考える歯科衛生士像を述べ、「歯科衛生士への決意宣言」を行いました。その後、ナイチンゲール像の灯を自分のローソクに受け取り、整列後に、全員で「誓いのことば」を唱和しました。宣誓式を終えた学生たちは、家族への感謝のことばや歯科衛生士への新たな決意を語ってくれました。
 2年生は11月から、歯科医療現場での長期臨床実習が始まります。実習を通して、より専門的な知識や技術を学ぶとともに、人間的にも成長されることを願っています。