学科案内

歯科衛生士とは

歯科医師とともに歯科医師を援助し、人々の歯科保健の向上とその推進のために、医療(臨床)、保健(公衆衛生)、福祉(介護)の場面でいろいろな仕事(業務)を行う専門的な職種です。歯科衛生士の業務は歯科衛生士法に定められていますが、その歯科衛生士の業務は、次の3つです。

  1. 歯科医師の指導のもとでの歯科予防処置
  2. 歯科診療補助
  3. 歯科衛生士の名を用いての歯科保健指導

これらの業務は直接他人の身体に触れて行うものですが、歯科衛生士の免許を持っているもの以外は行ってはいけないことになっている、独占業務です。

都城デンタルコアカレッジではトリプルライセンス取得が可能です。

1 国家資格「歯科衛生士」

最大の目標である国家資格「歯科衛生士」は3年間の集大成として、国家試験を受験します。
日常の授業に加え、校内模擬試験や全国模擬試験などで、進捗状況を把握しながら、少人数のグループ編成で、徹底した国家試験対策を行います。

2 医療事務技能審査試験(歯科)

この資格だけでも人気の高い医療事務ですが、歯科衛生士として更に医療事務の知識を持っていることは、就職でも有利に働きます。開校以来卒業生全員が合格し取得しています。

3 介護福祉士実務者研修(任意受講)

高齢者社会に伴い、歯科衛生士の活躍の場は福祉分野にも拡大してきました。これからに時代に、歯科衛生士の国家資格に加え、福祉分野の知識・技術を身に付けることは大きな力となります。毎年就職率100%を達成中!

都城圏域に限らず、全国的に歯科衛生士不足の状態が続いています。そのため、本校の求人倍率は、毎年10倍を超えています。
卒業生の多くは、当地域の歯科医院を中心に就職しています。また、大学病院や総合病院へ就職した先輩もいます。

歯科衛生士の国家資格取得はもちろん、在学中は医療事務(メディカルクラーク)「歯科」、学会や研修会では必須のプレゼンテーション技術も身につけられる充実のカリキュラムを編成しています。
CURR